旧約聖書の世界
上へ戻る 旧約聖書の世界 中間時代 新約聖書の世界

直訳の方針
ヘブル語の世界
旧約聖書概論

ukidaruma.gif (3126 バイト)

ようこそ旧約聖書の世界へおいでくださいました。

  旧約聖書は皆様がご存じの通り、天地の創造からアダムとエバ(イブ)の誕生と

堕罪バベルの塔やノアの方舟からイスラエル民族とアラブ民族の父アブラハム

の生涯、さらにモーセの十戒とイスラエルの建国、ダビデ王朝の誕生と滅亡

という、一連の出来事が記されています。

   もし私に専門があるとすると「旧約聖書」と言うことができるでしょう。神学校の

卒業論文は旧約聖書の出エジプト記に出てくる、移動式 聖所である。

「幕屋の構造」を研究しました 卒業論文・幕屋の構造

  また、教会の礼拝で行う毎週の礼拝説教も2/3を目標にして旧約聖書原典を

読解してからお話ししてまいりました。

   また私の聖書通読回数は新約聖書と旧約聖書の回数は同数です。通読

回数は不明です。邦訳を年に2回平均としてちょうど25年が経過しました約50回

と言うのが控えめなところです。ゆっくり読んで、一日に僅か20分ですが今は

すっかり習慣になってしまいました。

   旧約聖書は新約聖書の約3倍の分量があり、多くの時間を旧約聖書に費や

しました。

    この、旧約聖書の世界は皆様とご一緒に、膨大な古典文献を全て直接原文

で読破しょうとするものです。生きているうちに終える事が出来るのか心配になり

そうですが千里の道も一歩から、今日からご一緒に、時々休憩しながら最後まで

歩み続けたいと思います。

      毎週一章毎に翻訳します。時々は新約聖書に移りますのでその間はおや

すみです。

もちろん、その期間は新約聖書の直訳を別項に掲載します。

    予定個所は、出エジフト記です。ヘブル語と70人約ギリシャ語訳を同時に

平行して進めます。70人訳は上に戻って中間時代の箇所からお入りください。

なお、普通のテキストから HTMLへの変換ソフトを使用していますが、諸所に

不都合な変換箇所が出来てしまいました。修正には少し時間が必要ですので、

暫くの間お見苦しい事をお許しください。

       これはあくまでも直訳です。その理由は、旧約聖書が記述されたのは人々

に朗読するためであり、当時の人々は文字を習得していなかったので「言葉を

情景に変換して聖書朗読を直接イメージとして認識しました。今日では多くの

人がこの点を忘れて文書としての解釈と翻訳に重点が置かれていることを危惧

してあえて語順にこだわって直訳致しました。

ですからこの直訳は文章として見るためのものではなく朗読を

音声として聞き、脳裏に場面を再生するためのものです。

なお翻訳の定本とレキシコンに使用いたしましたものは下記の通りです。

Kittel,Rudolf.,ed Biblia Hebraica Stuttgartmsia,  Stuttgart.

                                     Wurttembergische Bihlfanstalt, 1967

Lexicon: B.D.B., 2th ed., Oxford,1975

1998年 6月  1日     初    版

               7月      23日   第 5 版