第247回ざま昼席落語会 むかし家今松・橘家圓太郎

むかし家今松・橘家圓太郎

むかし家 今松

~ 玄人を泣かす名人芸 ~
 ざま昼席落語会には1996年9月より定期的に出演している今松師匠。毎回、渋い名人芸見たさに遠方よりいらっしゃる落語ファンも多い。 2004年から2018年まで新宿末廣亭12月下席(下旬の意)夜の部の主任(トリ)を務め、最終日の28日は「芝浜」で締めるのが恒例だった。 正統派落語はもちろん、なかなか聴けない珍しい演目を高座にかけるのも師匠の魅力のひとつ。 「これぞ名人芸!」という古典落語の世界をぜひご堪能ください。


橘家 圓太郎

~ 落語界の鉄人 ~
 トライアスロン好きをして有名で、「落語は体力勝負!」と豪語するほど。 東京マラソン完走後に、高座に上がったという逸話もあり、まさに「落語界の鉄人」。 その豪快な生活ぶりとは裏腹に高座では緻密かつ繊細な話術で、登場人物の心理や風景を描写し、観客を魅了。 物語の世界に引き込む。この緩急やギャップがたまらない魅力の落語家である。


< お知らせ >
新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用、各自での検温にご協力をお願いいたします。

公演日 2023年 2月11日(土)
時間 14時00分 開演 (13時30分 開場)
会場 小ホール
チケット代 全席自由
前売 900円 当日 1,000円
※未就学児入場不可
チケット購入
ハーモニーホール座間 046-255-1100
その他 1月14日(土)発売
都合により、出演者や開催日程・会場等を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
令和4年度の回数券の販売はございません。
お問合せ ハーモニーホール座間 046-255-1100
注意事項
  • ※なお、お電話でのお問い合わせ・チケット予約の際は、電話番号をお確かめの上、お間違いのないようにお願いします。
  • ※営利目的のチケットの転売は禁止します。

ページトップへ