会館利用案内

[申込受付期間]   [利用料金表]   [施設案内]   [TOPページ]

−利用時間−
午前9時から午後10時までに間で、その区分は利用料金表をご覧下さい。
準備と片付けは定められた使用時間内で済ませていただきますようお願いいたします。

−お申込み方法−
午前9時から午後4時30分までの間に、利用グループの責任者が直接ご来館の上、窓口にて所定の用紙に記入し、お申込みください。ただし、初日の申込については利用日が競合する場合は、受付時間を午前9時から午前9時30分に設定し抽選を行います。
電話によるお申込みは、受付けておりませんのでご了承ください。
申込受付期間施設利用料金をご参照ください。

−利用当日は−
○利用当日、「利用承認書」を確認させていただきます。
窓口へ必ず、「利用承認書」をご提示ください。
○承認された時間には、搬入、搬出等の時間も含まれています。時間内に全て終了し、係員の点検を受けてから退室されますよう、お願いいたします。楽屋、控室等も同様です。
○舞台、照明、音響等の附属設備を使用する場合は、附属設備使用料を必ず当日にご精算ください。

−こんな時、利用できません−
○危険物を使用する催物で、事故発生の恐れがある場合。
○会館の建物、附属設備を損傷又は滅失する恐れがある場合。
○集団的又は常習的に、暴力不法行為をおこなう恐れがあると認められた場合。
○申込み内容に、虚偽又は不正があった場合。
○その他、会館管理上、支障があると認められた場合。

−守っていただきたいこと−
主催者は次のことを守っていだだくと共に、入場者に周知徹底してください。
○使用を承認されていない施設への立ち入りをしないでください。
○壁、柱、窓、扉などに張り紙をしたり、釘などを打たないでください。
○危険物、不潔な物品又は動物(介助犬を除く)持ち込まないでください。
○許可なく火器を使用したり、特別な設営をしないでください。
○入場者の安全確保には十分配慮してください。
○許可なく金品の寄付募集、物品の販売、写真撮影をしないでください。
○使用した設備等は、元の場所に戻し、係員の点検を受けてください。また利用中に施設等を破損、紛失した場合は、その損害を賠償していただきます。
○ポスター等の告知物は許可(道路使用許可)なく掲示、表示しないでください。
○所定の場所以外での飲食はしないでください。ホールの客席内での飲食は禁じられております。
(会館内は全て喫煙は出来ません。)また、会館及び主催者の許可なく、撮影、録音、録画しないでください。
○貴重品は各自で管理してください。万一、盗難などの事故が発生した場合、会館では一切責任を負うことができません。
○下駄、木製サンダル等での入場はできません。
○ご使用のあとは清掃し、ごみは使用者が責任をもって全て持ち帰りください。

−非常の場合−
非常口、避難方法等を確認し、非常事態が発生した場合は、観客の誘導等、安全確保に努めてください。

−利用前の準備について−
○打合せ
●大ホール、小ホールを利用される場合、当日の進行を円滑にするため、事前に進行計画、舞台装置等の詳細について、ホール担当者と打合せをしてください。その際、進行表等を提出してください。
●入場券・ポスター・チラシを作成する場合はあらかじめ、発行枚数を届け出てください。また作成にあたっては、必ず主催者名および問い合せ先の電話番号を明記してください。
○管理員等の配置
入場者の整理案内等は、主催者側で行っていただきます。主催者は必要に応じて人員を配置し、責任をもって運営に当たってください。駐車場案内も同様に行ってください。
○主催者が準備するもの
事務用品(紙、画紙、テープ、筆記具等)
○関係官庁、機関への届出
催し物の内容により、下記届出が必要になります。
1、火器の使用(会館の許可後)・・・座間市消防本部 電話 046-256-2211
2、著作権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本音楽著作権協会 横浜支部 電話046-662-6551

−その他−
使用にあたり、次の点にご注意ください。
○許可をうけた目的以外の使用はできません。また、使用の権利を譲渡したり、転貸しもできません。
○同じ目的のために、大・小ホールは連続6日以上、ギャラリーは7日以上、リハーサル室・練習室・和室は4日以上使用することや例日を定める独占的な使用はできません。
○座間市立市民文化会館条例、同施行規則の各規定、使用条件並びに、会館の指示を厳守していただきます。
○上記のほか不明な点は事務所まで、お問い合わせください。