ローズマリーな日記 - 1996/08/16〜31

last update : 1996/09/01


8/18 月刊教習所ニュース

 なんだかすっかり月1(月一回の週末)ペースになってしまった自動車運転免 許教習。 こんな調子ではいつ終わるのやら…。 と言いながらも、本日第2段階 の見極めに通り、次は仮免検定である。

 日頃の不摂生がたたり、このところ体調が悪い。 教習を待っている間に貧 血になりかけ、よほど帰ろうかとも思ったが、根性で受けることにする。 ・・ ・S字で脱輪という離れ業をやってのけ、教官にあきれられる・・・。 すんま せん、S字は3ヶ月ぶりなんす。

 さて、水曜日(21日)の技能検定、どうなることやら。

8/19  新(?)MPU401ドライバー

 私は、MIDI I/F + 音源として、Roland SCC-1 というものを3年ほど前から 使っている。 これは、以前 みゅ〜じ郎300board として売られていたもの(の単 体)で、MPU401 + SC55音源がワンボードに載っている。 音源がボード上にある ということで音質が悪いのではないかと思われるかもしれないが、ノイズも少な くなかなかのものである。 ただし、SC55の中古 + MPU401 の方が安かった(買っ た後で気付いた私…)。

 そんなわけで、OS/2でも以下のドライバーを利用してこれを使用していた。
(ディレクトリは ftp://ftp.software.ibm.com/ のもの)

  /ps/products/os2/drivers/sound/mmpm_mpu.zip (21,071bytes 96/03/13)

 これには High-Resolution Timer が付属しており、これを同時に使用すれ ば、OS/2名物32ms刻みの哀しいMIDIから開放される(最小1ms)という代物である。 しかし、SimCity2000(またかよ(苦笑))をはじ めとするゲームの進行速度が恐ろしく遅くなってしまうため、泣く泣くテンポがもたもたするMIDIに甘んじていた。

 今日、ふと上記のサーバーを見ていたらこんなものがあった。

  /ps/products/os2/os2ddpak/mpu401.zip (15,101bytes 96/06/08)

 こいつはもしや・・・と思い、早速試してみると・・・ おおっ! HiResTimer を使っても SC2000 がバッチリ動く ではありませんか!! よっしゃあぁぁぁぁ!!!!

 ・・・と思いきや、やっぱり動きませんでした(号泣)。 どう考えてもHiResTimer のほうが悪さしているのだろうし。 HiResTimerの新版無いのかなぁ…。

 でも、リソースマネージャーに対応した等、改善点はあったのは良し。 は ぁ…。

思いっきり更新が滞っていました。
すみません (8/26記)

8/21 修了検定合格!

 そんなわけで修了検定。

 二組に別れ、各組運転者とその次の番の人、教官が乗車して検定を行うのだ が、人がどんどん入れ代わっていくうちに自分がどちらの組かわからなくなって しまう。 よし、自分(の1つ前)の番だと乗車しようとしたら、もう一方の組だっ た…。 確率1/2なのだが…。 そう、私の引きは異常に弱いのだ(爆)。

 左折大回りとか、前の車を待っている間にウインカーが戻ってしまい、 そ のまま曲がろうとしたとか、車庫入れ-方向転換場所に今までやったことの無い 左折進入したため、感覚が掴めず切り返し1回(切り返し自体は1回なら減点なし) とかもあったが、無事終了。 結果は80/100でなんとか合格(リミットは70/100) 。 ちなみに、本日の受験者は全員合格でした。

8/22 仮免取得!

 続いて学科試験。

 なぜか用語の定義を問うような問題が幾つもあって戸惑う。 あ、『指示が ない限り一般道路での自動二輪車の最高速度は時速60kmである』なんて出てる。 私が自動二輪免許を取った頃(6年半前)は250cc未満は50km/hまでだったのだ。そ んな中で、なかなかファンキーな問いを見た。

『車輪止め装置取り付け区間では、違法駐車車に車輪止め装置が付けられるこ とがある』

 ・・・傾斜が急な場所とかでないの? と思い自信を持って×。

 なぜか気になって、後で教本を見てみると・・・ げ! そういうものがある のか・・・ ○が正解であった。 これが唯一の失点で、無事合格。 晴れて路上 に出られることとなり、日本アイ・ビー・エム藤沢事業所近辺をうろうろするこ とになった。

 ちなみに、昔は仮免を取ればもうすぐ終わりだったが、今ではそれで折り返 し地点である。 昔の第1,第2段階が今の第1段階に相当する。

8/26  シクラメンにアブラムシ/スリップス連合軍

 前の冬からシクラメンを育てている。 小輪系の、多分パープルという品種 である。 (左の写真)

 夏越しは難しい(小輪系は結構強いらしいが)と言われているが、梅雨明け以 降、徒長葉も出ず、元気に育っていた。 球根も明らかに大きくなってきて、よ しよしと思っていたのだが…。

 最近、どうも痛んだ葉が出てくる(下の写真青枠部)ようになり、なんだこり ゃ、病気か? と思っていたのだが、原因は・・・。

 幼葉表面にアブラムシがびっしり…!! しかも、スリップス(和名アザミウマ 。白っぽい粉のように見える虫)まで…。
 シクラメンの葉は真ん中から折り畳まれて出てくるので、その内側にいたの だ! しかも、幼葉にしかつかないので気付かなかった…。

 こりゃいかんと、できるだけ手で取り、会社の帰りにオルトラン水和剤(= アセフェート剤)を買ってくる。 植物体に吸収されて効くので、直接薬剤 がかからなくてもOK。 ただし、食用作物への使用には注意が必要。 アブラムシ やスリップス、毛虫に有効。 根元や葉に振りかけるだけの粒剤もあるが、使用 量がわからないのでやめた。
 シクラメンの本にはオルトランを使えとあったが、農薬付属の説明書にはシ クラメンに使えるとは書いていなかった。 結局、薬害を警戒して薄めの2000倍 にして噴霧する。 問題がおきませんように。

 さて、9月に入ったら植替えだな…。

8/28  Netscape Navigator for OS/2

 表題のブツが ついにアナウンス された。 ( IBM USのホームページ からも見られます。) 9月にβテストが始まり、第四四半期(Merlinが出た少 し後)に正式公開とのこと。

 バージョンは2.02、プラグインもOKとのこと。

 さて、日本語版は…?

8/31  ベルガモット - 中央林間のハーブショップ

 昨日の晩飯の時、 ご〜けん君 いわく、「そういえば、駅の近くで電車からハーブの店が見えたよ」。 とい うわけで、探索の旅に出てみた。

 ・・・その店はすぐに見つかった(下の写真)。 簡単な地図を書いておく。

 種苗は無いかなと無謀な期待もしたが、当然無かった。 なま物はそれなり の回転が無いと全く採算が取れないから無理も無い。

 置いてあるアイテムは、ポプリ、香料、ドライハーブ、調合済みハーブティー、紅茶(ハーブ入りのが メイン)、スパイス、それらに関係する器(ポット等)である。 ちなみに、去年の11月に開業したとのこと。 小さな店だがそれなり にものはある。

 少し興味があったアロマポット (水とハーブ、スパイスを入れて下からろうそくで暖めて香らせるもの) があ ったので、買おうかとも思ったが、『地雷が爆発した跡』(c) 本城君 と評された私の部屋には合わない(いや、アヤシい儀式でもしていそうで似合 うという人もいるだろう。)と思いやめる。

 結局、小さな着色した素焼きに香料を染み込ませたやつ(ラベンダー)を1ヶだけ買った (シケた客だ(苦笑))。 夜勤明けとか、就寝時 刻が明け方になったときとかになかなか寝付けない(金縛りとか、上に重いもの が乗っている感じになって…)のが少しは軽減されるだろうか…。
 (9/1未明 追記 : 匂いが変わったせいか、なかなか寝付けませんでした(爆)。)

 ハーブティーに挑戦するのも良いかもしれない。 カミツレ(カモミール)の ようなダウン系のものが私には必要だと思うが、アップ系のものでもっと無理矢 理動かしてみるのも面白そうだ(笑)。

同日  一斉消毒

  26日 はシクラメンだけに殺虫剤を撒いたが、 実のところ、屋外に出していた他の 植木にもアブラムシとスリップスがついていた。 特に深刻なのはタイムであっ た。 ローズマリーほどではないが、かなり虫がつきそうもない感じ(匂いが強い し)だったのだが…。 まぁ、いくら『雑草みたいなもの』と言っても、それは原 産地での話であり、日本では『お客様』なのだから仕方がない…。

 どうせ私は料理しないし・・・と思い、これらにも殺虫剤をまくことにする 。 シクラメンにまいたものと同じオルトラン水和剤2000倍液。 これまた農薬付 属の説明書にはタイムやらが書いていないのは当然としても、シソ科のが1つも 書いていない…。


kusakabe@yk.rim.or.jp / HFD00536@niftyserve.or.jp

前のページへ戻る

トップページへ戻る