ローズマリーな日記 - 1996/09/01〜15

last update : 1996/09/18


9/1 ついに路上教習

 ついに長後-湘南台付近に危険車両が放たれるときが来た。 何が出てくるか わからない、細い、でこぼこのある、坂も随所にある、4速まで入れられる公道 を、いまだにしっくりこない四輪車で走るのは、はっきり言ってすごく緊張した 。 あまりの緊張さ加減に、教官に「まばたきしてもいいんですよ」と言われる( 苦笑)。 ちなみに、前の時間は高速教習だったとか。 そしてこの時間は路上 童貞…。 お疲れ様です。

 四輪であることもそうだが、普段やりなれないことをやるというのもなかな か難しい。 制限速度内で走るとか、横断しようとする歩行者がいたら必ず止ま るとか…。 ついでに、ついに初めての坂道発進失敗をやってしまった。 後ろに 居た人、驚かせてゴメンナサイ。

 ところで、9月1日付で道路法が改正された。 今まで、自動二輪免許を持 っていても、その後で普通車免許を取るときには全学科を取り直さなくてはなら なかったが、今後は四輪固有のもの以外は全て免除されることになった。 とい うより、二輪と普通車の学科が同じ時限数になったのだが…。 そんなわけで、 残り10時間だった学科が残り2時間に一気に減り効果測定(学科試験の予備試験の ようなもの)も無くなった。 ラッキー!。 しかし、もっと早く改正されていたら もっと減ったのに…。

9/4  WORLD PC EXPO 96

 に行ってきた(9/4(水)〜9/7(土)@幕張メッセ)。 何と、今回は説明員として ではなく見学者として! で、その様子を少しまとめてみた。(9/7未明 更新終了)

OS/2コンソーシアム
ノートPC色々
ディジタルカメラ花盛り
etc. etc.

9/5  ナツメグゼラニウム旅立つ


 6月に挿し木 し、 順調に 育ってきた ナツメグゼラニウムの苗を人にあげた。 ローズマリーのお礼に。


 元気でな〜!

9/7  カモマイルティーに挑戦

 中央林間のハーブショップ『 ベルガモット 』ではドライハーブを売っている。 というわけで、カモマイルティーに挑戦 してみた。 (ちなみに店のおばさんは私の顔を憶えてました…。)

 乾燥カモマイルの匂いは… リンゴをもっと甘ったるくしたような匂いと乾 燥した草の匂い。 よい香りだ ・・・とは言い難い(苦笑)。 まぁ、慣れるだろ う。 小さじ3杯に熱湯250mlくらい(かなり濃い目だと思う)を注いで3分ほど待 つ。 それを漉してできあがり。

 味は … あぢぢっ! 私は猫舌なのだ … まぁ、よくある『なんとか茶』と同 じようなもの。 飲みにくくはないです、はい。 子供の頃、ミント(生)を茶にし たら、濃すぎたのかミントの香りはツンツンするわ青臭いわなんか苦いわで、蜂 蜜を加えたら真っ黒に(蜂蜜の鉄分と植物のタンニンが反応する)なって壮絶な代 物と化したという経験から、ちょっと警戒していたのだが。

 強力な鎮静作用(車の運転前には飲まない方が良いとか…)で、不眠や風邪の ひき始めに効くそう。 今は人間らしい生活をしている(笑)ので、効果はあまり わからなかった。 飲みすぎると胃が弱くなるとか。 …ありゃ、胃の弱い(全身 弱いのでは?)私には良くないのだろうか…。

9/8 9/1以降の自動車免許取得のための教習時限

 は、下表の通り。

取得する免許 普通車(MT) 普通自動二輪
既に持っている免許 ---- 二輪 ---- 普通車
技能第1段階 9 7 3 3
技能第2段階 8 8 6(S1) 6(S1)
技能第3段階 9 9 5(S2) 3(S2)
技能第4段階 8 8 5(S2) 5(S2)
技能教習合計 34 32 19 17
学科第1段階 15 0 15 0
学科第2段階 17 2 17 2
学科教習合計 32 2 32 2
学科試験
 ※1 : 6(S1)は、6時限中シミュレーター1時限の意。
 ※2 : いずれの場合も、タイムリミットは9ヶ月。

 というわけで、二輪免許を持っている私は、卒業検定に合格したら運転免許 センターへ行って免許証を作りなおして終わりというわけです。

9/10  WebExplorer 1.13J

 Netscape navigator for OS/2への期待がふくらむ中ではあるが、表題のブ ツが数日前にリリースされた。 まだ、PeopleとNIFTY-Serveだけで、肝心の 日本アイ・ビー・エムのホームページ には無いようだか…。

 何が変わったかと言うと・・・一番大きなものは、メールやニュースの送信時にJISコードに変換しするという点である。 1.1JではSJISのまま送信していたため、実質的にこれらの 機能を使用することができず、たどたどしい英語でメールを送り、途中で面倒くさくなってはしょって書いた ら不要な誤解を受けるなどというヘコい事態が生じていた(なんだそりゃ)。 もっとも、このJIS変換 が新たな障害を起こす可能性もあるが…。 まぁ、日本のマイクロソフト(株)のように、「SJISで送信しろ」などという激烈にヘコい事は言わないと思う。 ほったらかしにするだけかもしれないが…。

 いまだにWE1.0xを使っている人はいないとは思うが、一応コネ無しWarp3.00でインストールする方法なんかを…。 当然無保証ですが、もしうまく行かなかったらご連絡ください 。 ちなみに私は、普通のページはWE Java demo を、EUCのページはWE1.0Jを使 っていました(泣)。

1: WE1.13Jをダウンロードする
1MB強あります。 WE1.13Jを入れるディレクトリ("\tcpip\we113j"とか)を作って おきましょう。
2: WE1.13Jを入れるディレクトリの中に解凍する
解凍したら、install.*ファイルは不要なので消してしまいましょう。
3: さらに解凍
step2で LOCALE1.ZIP, SETLOC1.ZIP, WEB1.ZIP というファイルができている ので、それらを解凍します。 解凍時にディレクトリを作成しないオプション(unzip だったら"-j")を付けておきましょう(後で面倒くさくないから)。
4: 実行用.cmdファイル作成
結局、本来ならインストーラーが行う、このディレクトリをEXE/DLL/HELP検索範囲に加えることと、環境変数NLSPATH,LOCPATH,LANGを正しく設定することを手動で行うわけです。 各環境変数の意味は次の通り。
NLSPATH :  explore.dll, explore.catの位置

 デフォルトでは、NLSPATH=(DriveName):\tcpip\msg\%L\%N。 ここで、"%L"はコードページ名(環境変数LANGで指定)で決まるディレクトリ 名(JAJP932)、"%N"は"EXPLORE"がそれぞれ代入される。 ちなみに"%L"は無くてもとり あえずOKの模様。
LOCPATH :  ENUS437, JAJP932.DLLの位置

 デフォルトでは、SET LOCPATH=(DriveName):\tcpip\locale
LANG :  言語圏指定

 デフォルトでは、SET LANG=JAJP932。 これはそのままにしておく。

私の場合、次のような.cmdファイルを使っています。

g:
cd \tcpip\we113j
PATH=G:\TCPIP\we113j;%PATH%
set beginlibpath=G:\TCPIP\we113j;
SET HELP=G:\TCPIP\we113j;%HELP%
SET NLSPATH=G:\TCPIP\we113j\%N;
SET LOCPATH=G:\TCPIP\we113j
SET LANG=JAJP932
explore.exe -i g:\tcpip\we113j\EXPLORE.INI %1 %2 %3 %4


ちなみに、"-i"オプションは使用するiniファイルを指定するものです。

 これで気軽にホームページ上のmailto:が使えるようになるというのは、とてもありがたいことではある。 (でも、も うちと早くやってほしかった…。)

9/11 魚は地震を予知するか

 昼前、日の当たらない地下の電波暗室から這い出して一服していると、中庭 の池で鯉だか金魚の親分だかよくわからない魚(笑)が尋常ではない感じでバチャ バチャ跳ねていた。 一緒にいた人と、地震でも起こるんすかね などと笑ってい たら、本当に地震が起きた。 ゆっさゆっさという感じの横揺れが結構長く続い た。 翌日の朝刊にはその地震の記事も無かったため、大した地震ではなかった のだろうと思っていたら…。 14日に帰省@千葉して知ったのだが、実は、結構大 きな地震であった。

 9/11 11:37 震源:茨城県沖 M6.6 千葉県佐原市で震度5
 関東地方を中心に東北地方から東海地方の広い範囲で強い地震。 横浜では 震度3

 震源から200〜300km離れているということで、縦揺れ(=疎密波)が横揺れ(= ねじれ波)の20〜30秒前に到達することから、魚は縦揺れを感じて暴れていたの かもしれない。

 それにしても、地震を予測することはできないのだろうか。 地下水の異常 や動物の異常行動のような身近なものでも、(地震の後になって)そういえばこん な事が…、という話はよく聞く。 地殻の歪みで生じた電荷が電離層に影響を与 えるという説もある。 隆起・沈降の測定もされているわけだし、『地震が起こ る可能性がある』程度のことはわかっているのではないかと思う。

 しかし、いかんせん全ての価値は貨幣の量ではかられる資本主義において、 人命が大して高価ではない現状では、100%の予測ができない限り『地震予報』は 無理なのだろう…。

9/15  自機を強化だ!

 ボーナスでもないのに、豪勢なことをしてしまった・・・。 まぁ、年内に はもうこんな大出費は無いだろう。

HDD:DORS-32160
 残り50〜100MBの間を綱渡りする生活ともオサラバさっ! PDにしか使ってい なかったDC-390 (PCI SCSI I/F) もこれで生きるぜっ!
 ・・・HPFSでフォーマットすると、volume入力後に止まる。 chkdsk /f:3も 止まる。 しばらく頭を抱えたが、 Tekram から最新のドライバーを持ってくることで解決。 うれしさのあまり1.6GBの 領域(HPFS)に chkdsk /f:3 をかけてハマる。 (全セクターの検査をするのです げー時間がかかる…。) ちなみに、このドライブは結構熱くなるので注意(他社 のHDD に比べれば大したことはないと思うが。)。 回転音は異様に静か。

 というわけで、DC-390を使う上でのtips。
VIDEO:MGA Millennium(4MB)
 1280x1024x16M がイけるぜ〜 などと思っていたが…。 『いいや、まぁ』のMT-8617 ではキツい…。 結局1152x882x64kで使っているが、これでも苦しい…。

 文字等、明るさが急激に変わった後にリンギングが出ているような感じであ る。 カードが悪いかケーブルが悪いかディスプレイが悪いかは測定器さえあれ ばすぐにわかるのだが、とりあえず、ディスプレイ付属の両端にゴツいコアの入ったケーブルを疑っている…。 コアは溶着されていて取り外すことは困難であるが…。

 ビデオカードはディスプレイの品質と相談して買いましょう(号泣)
宝が持ち腐る〜。 でも発色の良さはわかるし、なによりGA-DR2に比べて異様に速くなった。

おまけ:英語のマニュアルにも日本語で『VCCI二種に適合』と書いてあった… 。 感心。
16MB SIMM x2
なんとなく(笑)。

おまけ:電車内のASAhIパソコンの中吊り広告を見てちょっと驚く。
 『一太郎 ver.7ここがわった!』
一瞬、大きいところだけ読んで、大バグ持ちだかなんだかで大変なことになっ ているのかと思った(爆)。


kusakabe@yk.rim.or.jp / HFD00536@niftyserve.or.jp

前のページへ戻る

トップページへ戻る