VAIOタイプ スリムミニノート



初っ端からまとめ :


SHARP

右側
左から、IR、mouse、audio(x2)、FDD(だけ?)、電源。
左側
左から、SW、PCMCIA(type2-1枚)。
 パネルはコントラストが高く視野角も広く奇麗だし、11.3"は見栄えもする。マウスを付けるとパッドは使えなくなる。展示品にはことごとくマウスが付いていた…。


東芝

DynaBook SS3000
 
W257 D199 H19.8 1.19kg
10.4"TFT EDO64MB
T233/266MHz

底面

バッテリーは背中にある(写真は外した状態)。 左上の丸く並んだ穴はスピーカー。

右側。 左から、audio(x2)、USB、IR、PCMCIA(type2-1枚)、FDD port。

左側。 左から、I/O adapter port、SW、PCMCIA(type2-1枚)。

蓋を閉じたところ。
右側に各種インジケーターが並ぶ。 右端に見えるものはタバコの箱(23mm厚)。


DynaBook SS6000
 
W297 D236 H23.5 1.79kg
12.1"TFT EDO64MB T266MHz Modem内蔵
左右側面はカタログ参照。


特徴的なのは、PCMCIA cardのeject buttonが前面にあること。 作りは恐ろしくチャチで、恐くて力を入れられず上スロットのダミーカードを取り出すことができなかった。

DynaBook SS6000のPlanar(画像をクリックすると拡大図が出ます。100kb超につき注意。)
 

 ・・・CPUのそばにモデムが居るが・・・EMIは大丈夫か?

 ところでこれはビデオチップ(写真左 中央左寄り)の拡大写真。 カタログには"NM2160"と書いてあったのだが・・・これはNM2200・・・。 こんなの出していいのか!?。


 液晶の画質はまあまあ。 個人的にはSS3000が気に入った。
東芝ブースは『Slim Shock!』がキャッチフレーズ(だから"SS")。これをひたすら連呼するので耳にタコができた。


NEC

LaVie NX LB20/30A

 W264 D211 H25 1.25kg 10.4"TFT EDO64MB T200MHz モデム内蔵
 液晶の画質は悪い。 ポートリプリケーターは下敷き方式。


SONY

PCG-505G(X)
 
W259 D208 H23..9 1.35kg 10.4"TFT SDRAM64MB T266/200MHz IEEE1394端子(4pin)
 スリムミニノートの代名詞となったVAIO。これに付ける『耳』があった。一見大きなスピーカーだが実は中央部に小さな円形スピーカーが付いているだけ。これで¥12,000也。どこかで見たようなハッタリ…。



Back