未知との遭遇!
広瀬川で宇宙人捕獲!

last update : 1996/06/02



写真が無いと

宇宙人(左)とIさん(右)
 1994年10月19日、宮城県仙台市を流れる広瀬川に突如宇宙人が現れた。 幸運にも、現場に居あわせたIさんをはじめとするT北大学情報科学研究科H研究室のメンバーが宇宙人の捕獲に成功した。

 その時、H研究室のメンバーは広瀬川に芋煮会に来ていた。 宴もたけなわとなった丁度そのころ、桝垣郁夫と名乗る1人の男 −地球人に変装していた宇宙人− がその正体をあらわにしたのである。

 宇宙人は一瞬にして元の姿に戻ると晩秋の広瀬川に飛び込み、対岸へ渡っていった。 その後、説得に応じ戻ってきたところを無事捕獲された。

 宇宙人を捕獲したIさんは、
「確かに彼は日頃から挙動不審でした。 彼が宇宙人だったことはショックですが、これが宇宙との交流のきっかけになれば幸いです。」
と語っている。

 この宇宙人が川に飛び込んだ理由、その意味については、4兆光年のかなたにある宇宙情報センターにテレパシー人間を介して問い合わせ中である。
全然わけわかりませんね

対岸に渡った宇宙人


kusakabe@airnet.or.jp / HFD00536@niftyserve.or.jp

前のページへ戻る

トップページへ戻る